187. GO!

b0029052_342248.jpg


駄目!駄目駄目。こんなんじゃ。ハナシニナラナイ。もう一度 デナオシトイデ!

誰でもそんなに強くない。 ピストルより強烈な他人の言葉に、人のココロはメタメタになる。
さあどうする?違うアプローチを考える?それともタウンページか ガテンでも見るかって。

気が付けば、自分の採点を人に任せる癖がついてる。 今まで貰った学生の通知表?
あんなの何の役にも立たない。 今の仕事に生かされてるのは何?そこじゃなかった。

誰もそこで忠告しちゃくれない。自分の尺度でジャッジ。その中で得る恩恵にヒント。
いい意味で 悔しい気持ちのターボが効いてくる。体育系は雑草、踏まれて本領発揮。

綺麗なカオにスタイル。器用な奴。金持ち。機転が利く奴。手先が器用。記憶力に雑学。
それが無いから面白い!作られたジャンルに押し込める必要なんて無い!そう。ない!

なきゃ、作るまで!経営者に文句言うエナジーがあれば十分。今日から貴方も社長デス!
物は言いよう 新聞配達でも 「報道関係」 ペンキ屋なら 「デザイナー」 ププ。OKでしょ!



理屈抜きに元気になる色がある。その人が元気になれる色を塗れる仕事に感謝。定年は無し。
写真一枚でチャージ出来る事を祈って撮った。 各自 自分の可能性にバンジー!成功を祈る。
by samsonblue | 2005-11-15 04:17 | コラム


<< 188. Sometime 186. The seventh >>