<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

800.OONO SINPSOn8

b0029052_2025294.jpg



塗ればその分段差も出る。paintだからフラットなんじゃない。バイナルのほうが薄い時さえ。

昔みたく簡単にフチゴムが抜けなくなったから、3mm程上でマスキング。で、回数分下げる。
段々何度も下げて、階段状にして最後が縁にもって行く。そうする事で、フェザーエッジに!
シールド&アンダーのマスキングの回数はその分増えるが、埋まる事は無い=急がば回れだよ。
段差を落とす時に下地まで届いても、大丈夫その3mm圏内ならブラシでフェードのBLACKOUT!

特にシールドのフチゴムは最近は出来が良く、エンボス。風の巻き込みと、水が入りにくそう。
お陰で、2mmのマスキングを3周回さないと中々。90度のカーブはキツイから時間差で・・・。
次の日に塗るのはNG。戻ろうとして位置がズレてたり!スグ塗っとけば、溶剤で形が留まるよ。
重なる所、予めデータを作れば厚みを押さえられるけれどね。イイ感じに悩む楽しみもなくなる。

悩む事もこう言う場合、贅沢のジャンルになるか。高いヘルメットにpaint代金。今時は!だね。
その辺アルファの林さんはアンテナ尖ってたから、¥9800とかのDESIGN込みのヘルメット販売に。
色やDESIGNはオマケと割り切ってる。そう言う時代になって行くんだなぁと。すぐ理解できたね。

それでも全く無しではない筈。笑 本当は塗る楽しみ&作るアイデアの時間が一番の醍醐味だと。
もっと言えば、寄り添いながらそれを支える人が居る事の強みと言うか、手応えとか時間かなぁ。


友達が作ってくれた自分だけのカセットライブラリ。「3曲目がこれで、最後がこう来たか!!」
その時間ステレオの前で曲が終わるまで付き合ってくれてた。ドラッグ&ドロップじゃこうはね。
何処かでアナログな行為程、重みがあるのは知ってるんじゃない。ハンドメイド=本物の行為と。
by samsonblue | 2014-10-05 20:02 | ヘルメット

799.OONO SINPSOn7

b0029052_2012862.jpg



進むにつれ、整理整頓がキー。一番苦手かもだ。笑 机の上散らかってない時無いものね。笑
モノトーンで見るとリセット出来るから良くやるんだけど、色の確認でね。そこは赤!ってさ
思うと赤に見えてくる、職業病的な。抜けた色で攻めて、大事な場所に色を決めるって言うか。
強く出す場所は同じ所でもないんだよね。縁だけ中だけ とか。目から鱗は現物が教えてくれる。
迷うとこれキリ無い。引きで仕上げりゃ間違い無い?イヤイヤ。入れても引いて見せる方法も!


さり気無くって加減は本当に難しい。見せなきゃ何だかってなるし。見えないけれど海苔段々!
by samsonblue | 2014-10-05 20:01 | ヘルメット

798.OONO SINPSOn6

b0029052_19594044.jpg



光が当たると青く見え、加減で青緑。Rが変化すると消える。ゴーストと言うのも頷けるか。
前面だとホンとに消えるから面白いよ。黒BASEに仕上げた波は、ハウスのマーブライザー。
これもパールBASEだと思う。透かしで反応が異なるからね。刷毛ブラシとラッピングで表現。
背びれが水面を切る所は、スパッタリングと殴り描き。この辺?って場所に飛ばしておいた。
鯉の外線が来るだろう場所に薄くマーキング。浮世絵の波よりも、濁流感”を出したくてね。

何時もならバンバンスポンサーロゴを原色で描く、ドラッグレース風が大好きなんだけど、笑
和風のテイストで仕上げないと!なんてブレーキを掛けたけど、上との繋がりもあるもので、
RACE PRODUCTのロゴは雰囲気で筆。色は邪魔しないライトグレー。配分を気にしながら進める。
横の赤みオレンジは鶴の線。右側はパールレッド+パープルで、ラッシュフレアに被せて絢爛。

アイスのトッピングと同じで、行程=プライスに反映される。シンネタなら尚更時間も掛かる。
慨在のFONTと違い、プロットで簡単に切り出せるものではないよ。手切りだと大きさの変更が
簡単に出来ないから、データ。目が疲れる。笑 でも出来上がった時は嬉しいもんだ。ホント


この人には色々してあげたいってか。大事にする方法より、大切って何かが凄く分る人なんだ。
そういう人には皆同じ気持ちでしょ笑 カーちゃんが作る弁当と同じ。込める気持ち大事だろ。
by samsonblue | 2014-10-05 19:59 | ヘルメット

797.OONO SINPSOn5

b0029052_19555850.jpg



フレアと波の表現が終わり、その時点で打ち合わせ。後のオカズやラインの処理なんかをね。
最初っから、何でもアリならそう言うのはしないけれど、記念だからね。特に慎重に進める。

派手より地味。一見そう思うんだけど、綺麗な色はこの人好きなんだよね。服や小物に出る。
表現の違いで、どう取るかじゃないのかな。メットの場合は単品で考えたほうが今時かもよ。

7年前の写真にヒント。彩りのバランスは時間が経っても変わらない。絶対”でなく大多数ね。
明るい色も少ない量で行けばOK。牛丼の紅生姜が一番分り易いか。弁当や丼の色は、深いから。

濁流の中を昇る鯉。外線は何となく見えてたけれど、球体に近い帽体のマスキングは一苦労。
その分を見越して作らないと、寄ったり散ったりなんでね。逆手にとれば、ググっと手前に!
膨らむ魅力になるからおもしろい。背中を丸く、力強く!中を塗るか外で舞わすかは配分でね。

色はブルーパールBASEにグリーンを混ぜる。魚特有の色が狙い。透かしで見えたり隠れたりも。
ハッキリとした色で出さないのは、チラリズム。分り難さが粋と取るのは世代。オヤジの美学。

この先に起こる、何かを撥ね退ける力強さ”を込める。今も昔も、そう言う気持ちは不変だろう。
by samsonblue | 2014-10-05 19:57 | ヘルメット

796.OONO SINPSOn4

b0029052_1953075.jpg



粗方終わり、大体の図が出るも、次のバランスを研ぎながら考える。この時間は好きだね。
足すなら何?引くなら何?(消し取るので無く、色で引く事も出来るから そう言う事だ)

左右の色と、アウトラインにはオーナーの希望。住職”の世界観には一般人の知る事も無い
人が生まれ やがて最終的に行く所の そんな意味と、一本の白いラインを道に例えて表現”

「対称だと面白く無いし、ツマンナイでしょ!」オーナーのそう言う所からヒントを掴む。

今好きなその組み合わせは未来でも果して好きか?どうか? 似合うと好きはどうやら違う。
それまでのライブラリーには無い魅力があると、面白くなるんじゃね?と思っちゃうんだわ。


「こう言うのが似合う!その色の方がラシイよ」描けなかった絵の細部ってお楽しみなんだ。
by samsonblue | 2014-10-05 19:55 | ヘルメット

795.OONOSINPSOn3

b0029052_337852.jpg



ラッシュなフレアのその先に、本人も塗り手も感じる格好良さが果たしてあるのか? 有ると思えば有るを知る!
by samsonblue | 2014-10-02 03:38 | ヘルメット

794. Oono Simpson2

b0029052_3195154.jpg




その人が何が好きなのか?を調べた上で、どの位のアウトラインで望むかは、もはやデータの範疇を超える。
何故なら、本人ですらそのバンキングにはアクセスできない。(ワカンネーよ)と言う事だ。笑 だからこその だ。
by samsonblue | 2014-10-02 03:20 | ヘルメット

793. OnoSIMPsON-1

b0029052_3113414.jpg




ここから、何が創造出来るか?は、オーナーも知らない。可笑しな話だ、想像とは、互いの範囲を超えた何かだ。
by samsonblue | 2014-10-02 02:24 | ヘルメット