<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

766. S"- OUTRAW-7

b0029052_14192911.jpg


b0029052_14212312.jpg



昔のBIKE雑誌で、アザーサイドの小林さんが言った記事にこう言うのがあった。今も覚えているんだけれど。
「人がやる事だから、必ず粗やソソウが出る。大事なのは、そこからどう丁寧に修正するかだよね」と。深いね

もう少し。もう一寸。ここを。そこも。普通の人の何倍も見てるから満腹だけど、渡す前にね。う~んて。考える

このSIMPSON"は、この先 オーナーが悩んだ時に頑張れるよう!そして何時か、BIKEで並んで走る為に!
by samsonblue | 2014-01-14 14:34 | ヘルメット

765. S"- OUTRAW-6

b0029052_147157.jpg



中吹きをしながら色や段差を落ち着かせる。この時マットになるから ついでに記憶。グロスと違う色の変化を。
そうする事で、引き出しの中のアイデアとクロスさせる面白さが又 増える。幅や相性までも異なってくるから。
by samsonblue | 2014-01-14 14:14 | ヘルメット

764. S"- OUTRAW-5

b0029052_13592746.jpg



近くに来たら、思い出す感覚だ。「ああ、そこを曲がるとこうだよな」 そんな具合に配置していく。大きさや色も。
by samsonblue | 2014-01-14 14:02 | ヘルメット

763. S"- OUTRAW-4

b0029052_13305754.jpg



ガンズになり もっぱら眼鏡は欠かせない。今まで目を酷使してきたからなぁ。体のカスタムが出来ればと思う。
特化させてそれ専用にするのはPCもBIKEも。ライディングギアもそうだ。機能優先でもないのが格好良さか

アウトロー特有の皺のラインは必ず生かす方向。横や後にはないラインが粋”になるように設定するのが!ね
各メイカーのロゴをそのまま配置すると、ツジツマが合わなくなる場所は、切り抜けると重要な場所にもなるよ
ピンチ=チャンスと似て、配置しやすいヶ所だとボケるんだ。複合コーナーになる前、後頭部にかけての難所は
やり辛いけど、必ずバリっと見せ場にもなるから考えるよ。(あっ、こうじゃん!)って気付く時が必ずくるまで!

一瞬で思い描いたラインやロゴ。色や味付け。何となく見えた時に落書き。その後は迷わない だけ。それだけ
by samsonblue | 2014-01-14 13:53 | ヘルメット

762. S"- OUTRAW-3

b0029052_1352225.jpg



塗りながらマスキングするワケで。それは、完成形が分っていても、迷子?になりそうになる場合も?笑 ある

「そこに行くゾ!」 それでも目の前の景色に惑わされるってこと、PAINTに限らずか。気持ちの整理が重要。
紙とペンで描いたBALANCEも、3Dでの繋がりや見え方・特有の曲がり方なんぞも含め、PCでは気付かない
手作業でのアフターフォローが要に。軌道修正ってか、人が見た時のセンターは不思議が多いから面白い!

ロゴとラインが同じ方向を向く事で、段々顔になってくるよ。日本人が好きなUSテイスト+欧州の繊細な感じが
自分が好きな雰囲気で、これにはオーダーしてくれた彼も同意。お任せと言え、気にはなるだろけど 大丈夫!


あの雑誌で見た世界に行って見たい。大人が本気”で思うからイケル。効率も値段も遠回り?いや 逆だよね。
by samsonblue | 2014-01-14 13:28 | ヘルメット

761. S"- OUTRAW-2

b0029052_172415.jpg



BASEとなる色。自分は最後にくる。これは塗り方にもよるが、大体。パズルピース戦法は3Dだと難しいもの。
重ねてしまうことで、ロスも生じるがレイヤー層の面白さも又、見逃せない。オマケ的要素でなく、深く意味する
下地のA色の上にB色を乗せる事で、見え方が変わってくる。一発で塗る色と違い透明感がウリ”となるワケ。

「どうやればこんな色になるのだろう?」 始めた頃はそんな疑問が多く、全く近付けない事に意気消沈したよ。
キャンディーやパール。メタリックの粒の形。フレークの段差や密度。決まりの悪い色の下地の色の意味など
やればヤルほど、奥が深い深い。クリアの硬度や透明感。紫外線や擦り傷に強い弱いなどなどtc~。フゥー。

料理と似て、SPICEや材料を賄う。ヘルメットという箱にどうやれば、美味しく見えるか?日保するか?など。
詰めれば詰めるほど、美味しさ(格好良さ)から遠ざかるような。それでも表面超過ギリのバランス程、美しい。

量販店で見るヘルメット。その値段で仕上げる訳だから、超買い得。それでもそこにない、格好良さも又 有る。

自分が何かから脱皮しようとする記念に、同じものがある事はなるべく。自分ORIGINALは必ず存在する事を
描けない紙と睨めっこしながらでも探そうではないか。何時か、それと同じに!と。後輩が出来る日がくると思う。


2014 uma .小さな店ですが まだまだ人の役に立てそうな仕事を探してやってきますので 此れからも何卒。
by samsonblue | 2014-01-01 17:29 | ヘルメット