<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

751 Anniversary 25th THRUXTON"

b0029052_2391823.jpg



スラクストン”を知ったのは、もう随分昔だよ。雑誌に良く出てたからね。その頃は、一読者だった訳だけれど。
未だ、駆け出しだった自分に良くしてくれた記憶がある。まだシロートだった頃だけれど、色々教えて貰ったよ。

それでも、気持ちだけは一人前なつもりなのを見抜かれてたなぁー。笑 オッかねー人?いャ逆でさ。感動だ。
勝てるわけはないんだけれどね、作るバイクで勝負!勝てっこないんだけど、気持ちならイケル!ってね。笑

いつだったか、第三京浜でメカの長瀬さんに会ったなー。「SRXのFCRのセットって難しいですよね!」ってさ
「いや、んなことないよ」 一蹴されたっけなぁー。笑 もう何十年前だかね。お互いジジイになってしまったね!
今頃見るとXは良いよね。懐かしいってより、全然!スポーツSINGLEバンズって思うなぁ。スポークが◎だね


そう言うプロSHOPに見せる物ってのは中々緊張。25周年記念の時は手ぶらだったから、何か?送ろうと!
そう思っても時間が過ぎるばかりだったんだけども・・。やっぱSRの部品でしょって。しかもタンクは顔!緊張

でも、やりだしたらまっしぐらだよ。笑 「人を想って作る物はさ。プロもシロートもないんだ。」そう言い聞かせた
幾らになる仕事より、こういうサプライズ物って余計馬力出るんだ。元ネタもアドリブも。家庭料理みたいな ね。

「ニンジンは、体に良いから残さず全部食べなさい!」みたいなノリ。「これが似合うと思いマス!」的なね。笑


25周年のSRのEVENTだったか、場所取りだけ頼まれてね。スゴスゴ帰る時、田中さん声を掛けてくれたよ。
「あれ~、もう帰る?」って。次回のEVENTから呼んで貰えるようになったっけ。スゲー 優しい人なんだよね。
毎回毎回ブース用意してもらって。隣になるSHOPには必ず意味があるんだ。乗るか反るかは自分次第で!

職人ぽい優しさって言うかな。不思議でもなんでもない。ヤル気がある奴には!みたいな所が有り難いッス!
18年前に奢って貰ったコーヒーは嬉しかった。今日は、あの気持ちでタンクとメーター持って行ったんすよ!

優しくして貰った記憶は、白髪が生える歳になっても覚えてるもの。「スゲェ!」そう言う物で恩返しできたらと。
by samsonblue | 2013-05-31 23:09 | 部品

750 KONO-SR2

b0029052_22162291.jpg



学生時分の友人で、体の大きな奴がいた。あまり喋らずぶっきらぼう。女にはサッパリなんだが、男には好評。


バイクで走る事と同じように 喧嘩もしたし 仲直りだって知らない内に済ませてしまう仲でいられたのは多分、
些細な人の心の変化を読み「どした?」と。友達に人一倍気”を使う所で。そういう所がオーナーと良く似てた。

自分のことより、何処か友の事を気に掛ける。そういう優しさは、あまりにさり気無さ過ぎて女には受けが悪い。

最後は、機嫌を伺う始末がオチだから 程ほどが良いかも知れない。笑 大丈夫 バイクは秋の空程では無い。
各 油の粘度や量。交換のサイクル時。暖機時間やパイロットエアの開度。入れた量の空気圧。締めたトルク。
漏れたり緩んだりは、定期的に見ればない。やったらやっただけ答えてくれるし。その逆も又、教えてもくれる。

「好きだ!」STRAIGHTにそう伝えても、スンナリ答えないのは女とにているけれど・・。だからやり方を工夫!
付き合い方は車体其々のヶ所もあろうが、大体は同じ壺。慣らし宜しく最初から飛ばす勇気は無謀だわ!笑

不器用=一生ではないハズ。銃の手入れと同じような場所も多いから、後は手順と、慣れ だけだと思うけど。
コケたり壊す事で学ぶ言も多いけれど、怪我しない程度に。自信持てるまではMさんと一緒にメンテ大会だよ。


持ちつ持たれつは何処へ入っても同じだが、勝った負けたよりも多くを学べる。遠慮する場所が分れば鬼金棒。
by samsonblue | 2013-05-28 22:15 | バイク

749. Motoyama-SR 7

b0029052_232363.jpg


理詰めで付き合っても続かなさそうだから、本音で。性分がそうだし、一番の理由は直球しか知らないからだ。

人との付き合いと違い、機械は感情がない分、融通が利かない。良い!悪い!&まあまあの3本のセレクト。
その時の都合や人情では変化しない。だから人と機械の付き合いは一見難しい。優しい気持ちより結果論だ。
締まってる緩んでる、磨り減ってる、酸化してる、量が足りない、ガタが有る、遊びが無い、傷も色も関係ない。

それを、ライドしてEnjoyしようとするのは些か厄介そうだが、それらを守ればこんな楽しい事もないのだから
理解して、マメにメンテナンスに勤しもうではないか。笑 覚えるのは苦だが、しまえば楽になる事請け合いだ。


何事にもバンドがある。幅と言うか、期限というか。賞味も寸法も。一番苦手な納期にしては言うに及ばずか・。
数値化し、その幅を読む。その季節の温度や湿度。回転数や距離により変化する、その振動であったり匂い。
ここまでは何番で。この回転数で。このトルクで。ここはこの工具で。このやり方で。その通信手段でなどなど。


「絶対一生大事にする!」 よく聞くそんな軽い”言葉より、必用なのはオイルで有ったり、工具”だったりもする。


何時もと何かが違う! そんな些細な変化を読み取れる時。煩わしかったメンテが楽しい時間に変化するよね
分った上でその部品を。美人薄命を助ける手立ては、感や直球宜しく、購入した工具やケミカル材だったりだ。


何でも流行が終わる頃、本物だけが最後に残るんだ。何時までも好きでいられるよう、スキルは研いでおこう!
by samsonblue | 2013-05-27 23:01 | バイク