<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

713. Cool" life!

b0029052_033129.jpg



新型SR ( Fi )に乗ってる方が、サムソンのビレットクールを取り付けたい方のご要望が、最近多々あります。

お客様の中で、埼玉県八潮市に行ってもいいよ!と、言う方。もし居られましたら。テストモデル価格(-25%)
で販売いたしますので、ご連絡下さいますよう御願い申し上げます。お一人のみですので、この機会に是非!

SRビレットクール FIモデル特別価格 ¥47775×0.75 クランプ¥8400×0.75 取り付け工賃¥0!
(採寸寸法ご協力サービスという事ですので、その日必ず取り付け出来ないかもしれません。その辺を何卒)

ボディ色は黒のみとさせて頂きます。何卒ご協力の程御願いもうしあげます。 

先着一名さまですので、(スイマセン)締め切りは、きまり次第ここに連絡させて頂きます。決定のお客様のみ
ご返信させて頂きます。当選者以外の方へのご連絡は致しませんので、お返事が無い場合。何卒ご了承を。

メールのみの受け付けに致します何卒。
〒番号、ご住所、フルネーム、ご連絡先を明記のうえ下記のアドレスまで願います。埼玉県の方優遇しますが
近県でしたらOK。(道はなるべく調べて来て下さい!笑 私地元じゃないもので、上手くアシスト出来ません)



Samson`Blue. (サムソン、ブルー)  


〒 340-0806 
           埼玉県 八潮市 伊草 287
                               
                    
若松 隆生 (ワカマツ リュウセイ) 代表

TEL & FAX         048-996-7331
E-Mail              info@samsonblue.jp
HP                  www.samsonblue.jp 
 
by samsonblue | 2011-05-27 00:33 | 部品

712. J、MOTOYAMA"-SR2

b0029052_1292296.jpg



「なんだよ お前!、まだそんなの乗ってんのかよ。」「もう、卒業してデカイの乗れよなー。今俺、忍者"だぜ!」


「その時は随分落ち込んだんですよ。ああ、非力なバイクじゃアイツにも勝てないしなぁー。何だかなぁ~って」

「同じ金額出して、結果スピードで負けるのは悔しいってより、納得行かないってか。バカバカしくもありますし」

「ヤツが大人で、俺が下に(ガキ)思えてしょうがないってか・・。それでも同じのに乗れば、簡単に!ですけど。
それ意味がないって言うか。それこそ大人気ないっつーか。笑 一番悔しいのは、ブレてる自分なんすけどね」



他人の芝生は何時も青く、綺麗に刈り取られ。リッチで優雅。いいないいな。俺もそういう風になりたいなぁ。と。
人を羨ましく思える事を、すかさずバネにし今まで頑張ってきたものの。道は長く。そして遠いし。もう疲れたぁ~


諦めた途端、楽になるのと同時に。挑戦する気”が萎む。それを繰り返すと、もう、そこ”に行けなくなってしまう。
人の言葉や価値観にながされると、自分の信念は揺らぎ、あっけなく壊れて。人が認める幸せしか感じなくなる


で、そういう時はどうするのかって?簡単な事だよ。自分が決めた事をブレずに最後まで進む事だよ。簡単だ!


フルカスタムは、車種問わず色々な試練を乗り越えた。猛者達。自分の稼ぎの中から捻出した汗の勲章だよ。
5万のボロに000万入れた、クレイジーで真面目なヒューマン達。迷い無く清清しく。自分がしっかり有る奴達。
その景色はさ、行った奴しか分らないよね。凄く良い景色なのは、想像通りだ。製作に携われば尚のことだよ。


「金突っ込めば出来んのか!」って?そりゃそう。ホイルに40万出せる奴はその先に行ける。度胸が要るよ!
何処にどう割り振るか?は、凄く大事なんだ。キャリパーだけが高価でもその周りが駄目なら半分も効果無し
自分に合った部品と、そのメンテナンスが伴わなければ、ネコに小判。糠に杭。大事なのは、ヤハリ手応えだ。


「この感じが良い感じで、そこから崩れると途端にこんな感じに!」 と、分ってないと壊れてからじゃ遅いしね。

YAMAHA-SR。この1台を全部網羅したら人生変わるよね。自分で組んだ部品の数が貴方を変化させる筈
ボルトONだけの組み合わせじゃ、流石に達成しない。と、言うか。貴方のバイクは作れないって言うか。そんな
産みの親のYAMAHAの製作陣が、「よくここまで作りこんだ偉い!」と言うのが有る意味ゴールかも知れない
制約で雁字搦めの立場をブッちぎれるのは、個人の力”。社会的にもバイク人にも認められる事は難題!だが
それでも、音が優しく周りに対してマナーが良く。誰も居ない場所ではメリハリのあると言うか。笑 何ツーかね。



「なんだお前!もう違うバイクかよ?ダっセーなー、吊るしで乗っても長続きしないなら、イジレばいいジャン!」

「ああ、そうなんだけど、自分じゃなんだか自信無くてさ。そういうお前は良いよな。何でも自分で出来るからさ」


気”がつけば、逆転していた。もう、他人を羨ましく思わない強い自分になってる。あの時決めた一瞬が嬉しい!

何か嫌な事があればぶっ飛ばしてたけど、今はしない。自分に自信をくれた相棒を大事に。あの頃を 大事に!
by samsonblue | 2011-05-26 01:29 | バイク

711. Ando"-SR

b0029052_0365166.jpg



「この予算で購入出来る車体を探して欲しいんです。、勿論SAMSON‘でカスタムする事前提”ですけど。」

「ベース車両の見極めが 自分らでは難しいんです。後で余計な出費押さえるためにも。是非、若さんに と。」


経験(少ないなりに)を積んだ事を、道のりに例えると。随分寄り道したに違い無いが、それが旅先のパンフ。
あると無いとでは、大体分るだろう。困る前に必ず先手を打ち、心配する時間がEnjoyへと、180°の差にも。
ショップに御願いするのは、失敗や無駄な金額を失いたくない為の、保険。これを使わない手は、無いだろう。
その為に毎日、運んで組んで、車険をパス。オマワリに捕まらないように空気になり少しだけ飛ばす。笑 訳。
鍛錬に近い形で学んできたものは、大抵の業者の種明かしは見透かす目も同じく養ってきた!と言う事でも。
乗る前、「ああ、これだ。」と。名前が通る中古車屋で見つけたこのSR。ノーマルシートの良さも今頃!気付く。



ノーマルも、とんでもないズレタ部品を取り付けた車体も、結構な感じで走らせる人も、少なからず必ず 居る。
それで勘違いする訳だ。「ああ、この組合わせはOKだな!」とか、タイアはでかい方が偉い!のだ。などなど。
カスタムの落とし穴はここにある。見た感じで全てが乗った風に、全く理解されていない!という大事な所をだ。
乗れる奴はデタラメのセットでも瞬時にバイクと会話出来、動かし方を体全体でフォローする。だから速い訳。

「自分の財布から出た金額だから、好きな部品を付けてどこが悪い!」「今、ここの部品が流行りなんだよ!」
ハイハイ、ではそれとこれとこの加工と・・。これでよいでしょうか?お客様ー。「そーだなぁ、ままーだけどOK!」

商売をする上でお客さんには良い顔でいたいもの。こんな浅い付き合いしかないと、結果、想像出来る 結末。
長く乗れる車両はノーマルは勿論、カスタムなら考え抜いた組み合わせと、セッティング+メンテ”が当たり前。
メイカーが考え抜いたバランスを壊す事で生まれる良さより、悪さのほうが俄然上回る!長く乗るにはさて??



適当に食材を刻んで混ぜて、炒めて。時には、調味料をササッと混ぜて。それだけで美味しく作る人も多い。
どこかしらの修行を積んだシェフだけでなく、田舎のオバちゃんもナメてかかれない。味”は経験の差がモロ。

絶対音感に近く インスピ宜しく ヤル前に想像出来る。そんな黄金比をいたる所で見つけた。肝”のようなもの。
運動神経が良いね!。そう人に言われた事があるならバイクの走らせ方が上手いか?イヤ そうでもないんだ
バイクが上手い人に共通するのは、感”が良い所。動物的半分、理解力半分の。動と静の合わせ技だろうか?


目標。どんな形であれ、あれば寄り道をせず済み多くを節約。慣れてから出た自分なりの答えは。解答でも。
自分サイズは自分で探す事が肝心。それを一緒に探せるショップを見つける事が、長く付き合える壺だと思う。

「上手くなりたい」 もっと絞り明確な。「今年、メンテを覚えます!」やがて3年も過ぎた頃、好みも変化する筈だ。
by samsonblue | 2011-05-23 00:36 | バイク

710. Getting On"

b0029052_1329153.jpg




近くにバイク仲間が居なくても、一人で楽しめばいいではないか!イヤイヤ。それゃ結構、寂しいものがある。

普通の人なら、多勢に無勢。その中で流行ってる趣味や付き合いに流されて生きる。そういう風に自分を守る。
無難に。批判や評判、噂に味方。何処に自分の立ち位置があっても、有るだけましだと。席とりゲームと似て。


上には↑が必ず居る。どれだけ部品を取り付けてもキリが無い。もう疲れてしまった。降りよう。もう、降りよう。
乗る時間がないし、どうやらステイタスでもなくなってきた。社会人には、オートバイよりも大事な事が多いし・・

始める事より、ヤメル事はあっけなく簡単。「ヤメた」「降りる」の秒殺。始めた時、こんな簡単では無かった筈。
免許の取得、バイク購入、盗難対策に、各ライドギアなどなど。瞬時で揃うものなし。そんな何回もの難関が
結構沢山あって それなのにだわ。笑 「あんたにバイクは向いてねーんジャン」 言われて、怒るか 頷くかだ。

どうしようかなぁ?と思う人は降りた方が良いよね。何かあった時に、自分じゃなく必ず人のせいにするからさ。
安全に努めても 事故は付き物。コケたその時 自分の体より、修理代をカウント出来るヤツは結構強いけれど
家庭を持つと、中々難しいようだ。「バイクがねーとさ、体の調子が悪くなるんだよなー」それ位では通用しない

皆バイクに乗ってたら良い?カーちゃんも子供もジーさんもババも。会社の仲間も部長も社長もみんなが皆!
それだったらオレのらねえ。自転車かクルマにするわ。笑 そんなヘソ曲がりが本当のバイク乗りなのかもだ!
by samsonblue | 2011-05-15 14:02 | バイク

709. The spot of facts!

b0029052_202081.jpg



ノーマル部品の組み合わせは流石に良く考えられていて、全体で”それを上回るパフォーマンスは難しい!

最大馬力や加速だけ となれば、ある程度の技量を持つ人が、アフターで評判の良い部品を組めば確かに。
それでは、振動や燃費。なだらかな乗りやすいパワーカーブではどうだろう?それが乗りやすい肝だと思うし
時間が過ぎて出た、自分なりの解答。SINGLE=振動。あるいは、荒々しい、猪突猛進型のロケット加速?

ストリート=峠道だけではあるまい。白バイ宜しくの環7や覆面宜しくの湾岸など+渋滞もすり抜けも多々だ。

ガススタンドもまばらな田舎道もあるなら、燃費は最大テーマ。ハイオクが無ければノッキングする圧縮比?
欲張り過ぎた最大リフトのハイカムを組んで、ロッカーアームの当たりを気にしながらの高粘度のオイルか?
それが結果 FRICTIONを生み、神経質な運転を招いているならば、やはり引き返す時。場所や工具、そして
何より、時間やヤルキも削ぎ落とす原因にも。(そういうのが、たまらなく大好きなんだわ!という人”を除く!)


その回転数で、その振動は?どこが関係したのだろうか?カムなのか、ジェットなのか?ピストンの重量か?
ストロークなのか?バランサーとの関係か?ボルトの締め具合なのか?圧縮比なのか?マフラーなのか?

SINGLE=振動。確かにそうかも知れないが、許せない振動=機械のSOS。もう一度、その組み合わせを。
雰囲気でなく、是非、数値化(重さや長さなど、単位で管理)して、攻略して欲しいもの。前より少しでも前進!

全開に出来る場所は僅か。(無いに等しい筈 笑) 最高速は、4発に任せて、100km/hまでが肝心な単発!
開け始めや、中間の加速を邪魔する原因を 見つけて改善。それにたどり着くまで様々な道ノリ!そこが楽しい


WPCを打ったピストン+セラミックコンポジ仕様の500km走行後の変化も、開ける”と分る事が実に多い!
必ず自分の目で見る事で、経験が増す。噂より、一瞬で分る。オイルの相性もセッティングなども一目瞭然だ。
クロスハッチが消えかけている所が、一番圧が掛かってる個所。ピストンが上がりきる前と、下がり始めの個所
そういう何気ない場所に、ヒントや答えがあったりする。ピストンヘッドにこびり付つくカーボンなども同じくだと。


500km毎に見る必要はないが、30000kmの時とは何か違いが出る筈。ピストンの重さやリングの合口など
自分がどう言う走り方をしているか?(使用目的)で、息の長いモデルにする事が絶版車のキーワードでは?

次は、チップ付きのアームに新品ノーマルカム+チタンリテーナー。オイルライン増加で500km走るとしよう。
スプリングのレートを計り、更に落とす方向で。どれ位でサージングするか!は恐いが、実験=経験=実感だ。
by samsonblue | 2011-05-13 02:00 | 部品

708. Step by Step!

b0029052_225360.jpg



その昔(20年程)、良い!と言われた、部品と その組み合わせ。単に消耗を促進するものであったとは・・。

急がばマワレ! 何を指して言ったのだろうと。あの頃。 「ああ、そう言う事か!と。今頃。」 経験=時間だ。


壊われる一歩前”の振動や音。何かしらのヤバイ雰囲気を察知する感覚。損を恐れぬ勇気にも似る 挑戦心。
無神経では無く、知りたい気持ちを持つ事で 自分の好みや使い勝手を攻略。らしい話では、確信に迫れない。

組み合わせ。カスタムの醍醐味は、そこにこそ。ENGINEパーツは慎重に。大胆に行くと経験値はUP!が、
財布はDOWN。   「ビビルな!こげ!休むな こげ!」 自転車の練習にも似て、習うより慣れかもだろう。

一回でも壊すと経験が増すが、守りにも。その両方も必要だが、自分の感覚に合う部品を選べば良いだけだ。

FRICTIONを下げる。総重量を減らす。圧縮比を欲張らない。回転抵抗を下げる。窮屈なポジションにしない。

一つ一つに向き合えば、難しい事ではないのだな!と。それでも順列組み合わせの難しさ=必ず肥しになる。
散漫な浪費を絞り込み、ここ1年はバイクに向き合うと思えば 出来る事は一気に増える。あの頃にリベンジだ


どんなに金を費やしても、雑誌に出ても 現在進行形でなければ、なんの意味もだ。我慢”ではなくEnjoy!若

(写真は、500km走った後の削れ具合と各部の消耗を確認してるカット。バルブSpとカムを交換しようか?と)



さあ、25℃を上回る良い季節がやってきた。アイツをブッチ切るか?ロングライフ?免許もプライドも大事よ!笑
by samsonblue | 2011-05-10 02:25 | バイク