<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

628. XIX

b0029052_1362020.jpg



安い物が幅を利かす時代。ニーズがそれを後押しする。勿体無いと正反対のサイクルが 現代。
全てではないが多勢。買い得感”特有の生産過程のカラクリの オチは知らぬが仏 ダンボール。

売れる物は安く出来る。見込みがあるから、ロットがコストを削り込む。場慣れと網が 鍵を握る。
横に広く取れば、確率は上がる。生産者の生活が懸かるから必死。安パイの保険付きが 大人。



相変わらずの辛口。この拙いこのブログも3年目に近い。商売度外視 趣味のコーナーは有名。
#250. 前後で一旦停止したものの・・・笑。少数派”のFANメールにて、再開。今に到る 訳だ。
(#250~#500が飛んでるのはこの為でさ、通算”って事って言うかね。続いてるって話 笑)
3年前から読んでくれてる人も5人位居るんじゃねーか。ププッ。馬鹿言え!10人はカタイ!爆
写真も文もブッツケ。匍匐前進の歩幅。イイ!も 駄目↓もお構い無し。~に付けるクスリは 無。

そんなズレた店主が作るものは、世から ずれる。そのサジ加減が自分のウリ = SENSEだと。


「SAMSON`のパーツは高い」 商売をナメル姿勢の本髄?。売る事では無く、ゴールは、縁”。
本当に、欲しい人だけに届けたい。金額を超えてまで 欲する感情を無くして欲しくないからだ!
価値観も様々右に習えば安心感 皆で渡れば恐くなし。逆の出過ぎ杭は打たれない の少数派。



心の綺麗な人しか乗れない筋斗雲=アツイ悟空のその一台に、どの?部品を付けるかは貴方。
理想の一台を追い駆ける時間に終わりはないから、是非。慎重に流されないchoiceで、望め!

金と運の不思議は、追えば逃げ 逃げれば追われる"恋愛のような。稼ぐを諦め、楽しむに励む。

量産にはない面構えは、向き合った店主の意地が宿る。願う事は一つ。無事に辿る岐路の守"。
by samsonblue | 2007-07-19 04:04 | 部品

627. Two Brothers"

b0029052_22483914.jpg



車種専用”=それしか取り付けられない専用設計商品。俗に言うボルトONが当たり前の 昨今。
違う車種 のオーナーならば、縁の無い商品でも有る訳だが、どうやらその人は 違う” らしい・・。

「どうしても欲しいんです。何とか出来ないものでしょうか?」と。W650のオーナーからメール。

兄がSR ”弟がW650 のBROTHER‘s。最初にSAMSON`を見つけたのは弟の方だった!笑
アニキが先に取り付けた、自分が欲しかったフェンダーを見る。そりゃ何とも苦い時間 だった筈。
自分も3人兄弟の一番下。ツマリ弟の気持ちが分かる訳ですよ。コンプレッション高いよね。弟。

SR兄貴には悪いが、弟のフェンダーには何かしらヤッといた!笑 写真じゃワカラナイ様にさ。
(分かるようにすると大変だろ、それってエコヒイキな訳だし!笑) 個人商店だから出来る事ね。

採寸にあたっては、他のW650乗りの御協力が有って出来た事だ。Wの繋がりを感じるよね。
最近W650(現行車)のリクエストが多い。ビレットクールも商品化するからCM"してチョー!笑




明日、会社から戻ると届く 宅急便。その中には 今まで待ち焦がれた、SBの商品が入ってる。
最初に見つけたのは弟だから、兄貴とは違うアドバンテージをサプライズ。勝手に手が動いた。

得な事より、損な事が多いような弟の気持ち。それが分かるのは同じ境遇だからかも知れない。
だが一番には、どうしても欲しい!と書いたメールだったと思う。何かしらの縁も加勢してくれた。

離れてても、時間を感じさせないBROTHER。時にライバル時に友人。同じ血が流れる不思議。
良いも悪いも影響する身近な縁は、偶然親が付けた順番でも。気が付けば何時も居たけれど。


喧嘩の後、暫くして乗る兄貴の後ろ。仲直りをさせてくれる、不思議な機械がオートバイだった。
通り過ぎるバイカーにするPEACE"サインは、ボルトONと言う言葉の代償に消えてしまいそうだ。

履歴書の趣味の欄に真っ先に書いた、オートバイ。今、もう一度堂々と書く事が出来るだろうか?
by samsonblue | 2007-07-11 01:03 | 部品

626. The INSPECT"

b0029052_2393980.jpg


自分の数少ないダチの店、「インスペクト」 代表の桜木は自分とタメ歳。マスマス希少だよ。笑

外車の中でも、BMWとトラが得意ってんだから頼もしいよ。MVにハーレー。グッチもやるしね。
マニュアルが無くても治す所はスゲーよ!それだけでも、リスペクトに十分 値するわ。偉いぜ!

SRXでレース経験ありのコイツが言う。国産より外車が熱い!中でもトラだ! って言ってたよ。

「何で、熱いんだよ?」って俺が聞くとアッサリ言う訳だ。聞くと納得したし、乗る気になったよね。


「肝心なのは、メーカーもしくはアフターの部品で、今だ供給されるツイン=BMかトラなんだ!」
絶版=もうオシマイだからさっさと新車に乗り換えるでゴンスって薄情な姿勢じゃないって事だ。

「そんなに良いのか?」 「ノーマルがもの足りないならカスタム出来る余地もあるでよ!」って。


SAMSON‘のポリシーの一つとして、オートバイはスポーツだ!ってーのが俺にはある訳だよ。
かといって、最新のバイクには全然興味が無い。対象になるのは、一寸マイナーなオートバイ。
それをカスタムして、遅いんだけども 何か「頑張ってるじゃない!貴方!」ってーのがいい!笑

トラの中でも一番ぱっとしないシリーズの中、T140。これなんか最高にイジリ甲斐がありだろ!
オーナーが聞いたら怒るかもしんないけど、(ゴメンね)カッコ良いカスタムが全然ないんだよね

650ccでバランスするENGINEを、無理矢理750にした所なんて、訳ありでワクワクするしさ、
絶対スピードが一番!なんて考えから外れてみた所に、オートバイの本来の楽しさがギュっと
詰まってそうじゃーないですか。笑 だからって今時のチョッパーじゃ今更遅いしね。セパハン?
それもいい。アップハンよりスポーティ。なんてんだろ、サムソンのトラって言うかね?ガハハ!

何イジッテも、その店のカラーは出るじゃん。良いも悪いもさ。だけど、そこでイクよね。らしくね。


娘が初めて後に乗るオートバイがトラなんて貴方痺れるでしょー!え?マイナーの親ばか?笑

いいんだよ。出来る範囲で楽しむ姿勢で家族と付き合える。小さくとも良い思い出になるだろし!
「うちのトーちゃんはトラに乗ってんだぞ!」って娘が言うと、「僕のパパ ポルシェ」「私はベンツ」
決ってそう言うガキが居るにきまってるんだろーけれどもさ、そこ”じゃないんだ大事なのはね!

「へー!ぶっ壊れたら買い換えるような屁タレは、エンスーじゃねーんだよこのヤロー!」ってね

買える”と直せるは、月とスッポン。幾ら出しても沸いて来ないがバイタリティ!ヤルキって単位。

アクセルを開けるとき、瞬時に判断して機械を労われる。だからバイクも貴方のタメに頑張れる
そういう空気を読める奴しか乗り続けられない世界に今、入る切欠をくれた友人に感謝するよ!
by samsonblue | 2007-07-05 02:20 | Design(組写真)

625. Continuation of dream"

b0029052_4494858.jpg



27歳の時、大切なオートバイを丸ごと盗まれた。 あれからもう、15年も過ぎてしまった・・・。
それはそれは悔しくて悔しくて、アパートの壁に穴を数箇所 拳で開けた程に。今でも覚えてる。

「もう一度、そのバイクを作れば良いじゃない!」 そう言ってその女は俺に茶封筒をくれた。
その時に同棲してた彼女は、どれだけ大切なものだったかを一番理解していた人だったから、
バイクを購入する資金を、俺に渡してくれた。嬉しくも悲しくも。そんな複雑な心境で、一人、涙。

同じパーツ、オートバイを購入するのはシャクだから違う車種に。その後、全てそれに没頭した。

「カスタム」=人と同じではない特別な。 そういうバイクの代わりを作るのは並大抵ではない。
掛かった金額以上に価値が有るのは、その時に向き合った自分の気持ちだ。恨みを力に変換。

仕上がったのはBlueのSRX。トロフィーや雑誌の表紙を飾るに到るまでにそんな過去がある。
誰も分からない事だが、当時の事情を知る者も居る。そして手伝ってくれた人も多数居るんだ。



なんとも皮肉なものだ。盗難を防ぐ為のガレージや、車種を変更した事で今の店に至る事がだ。
世の中良い事より悪い事が圧倒的に多い。それだけ思いやる心が無い嫌な奴が増えて居るが、
良い事より、嫌な事は振り返った時に持つ意味”が深く、立ち上がる後でその壁の恩恵を知る。


それでも、その時に資金をくれた彼女みたく極マレに、拾う神様もいると言う訳だが・・・縁無く
その人は、別の人と結婚してしまった。それも縁かと思うが、今だに悔いる事。申し訳無く思う。
今のカミサンには悪いが、オートバイで恩返ししたかった。「本当にありがとう」 って意味でさ。



バイクはバランスが悪い。それは、止まると 倒れる所。だから走る事でバランスするしか無い。
行くかヤメルか?その二極で問い掛けてくる。危ないから、と言う声も加勢して揺さぶってくる。

危なっかしいオートバイが、あったからこそ今”がある!。そんな人も多数は事実だけどね。笑



「お帰り」 そんな声が聞こえてきそうなオートバイには、貴方がシッカリと見えている事だろう。
オーナーとオートバイの関係には、彼女も嫉妬する位の距離感がある。永遠に不変なことだ。

次”は何処へ行こうか?そんな約束を破らない為には、どちら”も離さない事。 経験談だよ。笑


オートバイはもう一人の私。弱い自分を知ってる無機質なカウンセラー。そしてベストパートナーだ。
by samsonblue | 2007-07-01 06:21 | バイク