<   2005年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

98. Slender"

b0029052_2243474.jpg


線の細さとは別にある 芯の太さ。 自立する筈もない機械の中に、運の強さを持つ車体もある。
そう言うシーンを毎回見続けると、バイクは人に限りなく近い。 いや 人”そのものだとも 感じる。

それは乗る人が居て、初めて成り立つ意味とは別に 選べない 運 も纏う。
プランや部品もそうだが、購入出来ない最大のプレゼントは、 タイミング に他ならない。
 
あの日、その人が(自分が)数秒でも 椅子から腰を上げるポイントが違えば 今はない偶然。
その連続と、数多い部品とが綺麗に噛合う時にだけ、初めて見せる奇跡のオンリーワン。

けして満点ではない。それは、作り手だけが言える特権。 
そこで誰と競うからでもなく、行くも 終わるも自由。
人に聞く インスタントな知識など微塵も通用しない代わりに、アドリブは無限大にOKなキャパ。

自分がそれを信じ、貫いたとしても 受け入れられないと 排除される昨今にあって マレな存在。

 これが舞台なら、これからが開演。 どう演じるか、踊るかは オーナーが決る。
何シーン目かのアスファルトで怪我をする事も、トラブルを演じるかもだ。全く無くは ないだろう。
流れる血も傷みもリアル。 目の中に映るカット全てがそう。 主人公は各々になる。

楽しい展開にしたいと思えば、その逆を演じると良いだろう。
楽しいだけのダンスの後には、そのお釣りが必ずくるもの・・。

ブッツケ本番。 壊す時がくるなら仕方ない。又、作ればいい。
壊すー作り変えるー壊すー進む。
そうやってこのオートバイが出来たなら、その先も見てみたいではないかと 本音でそう思う。

疲れたら 煙草を一服噛む。 そう言う時間が自分をチャージさせる。
音楽や洋服、髪型に旅行、カメラにボード、車に異性 酒にギャンブル。
その為ならば馬力”が出るものが多く存在する中にある、細いこのオートバイでさえもがそうだ。

オーナーを支える その か細い線は、まるでサイドスタンド。 
蹴り上げると同時に互いに走る そのスタンス、その存在は 他人より信頼出来る鉄の塊。
by samsonblue | 2005-08-05 22:47 | バイク

97. Carburetor

b0029052_10453337.jpg
by samsonblue | 2005-08-03 10:50 | 部品

96. Success

b0029052_812937.jpg


 幾つもの記念日を数えた とは言え、記憶に残るBirth-Dayは少ない。何故か?
それは 男だと結構、自分の誕生日などには無頓着。 に 他ならない。

平均して、その歳には結婚したり 独立したり、子供を作ったりと。
周りの動きに対して、焦りやらジレンマなど・・兎角 自分のペースを乱されガチだ。
同級生の出世やら行動に、卒業しても尚 振り回される事 暫しか・・。

25歳を過ぎるともう大体の事は理解し惰性も生まれてくる。ピンとこない誕生日もそのせいだ。
しかし、その年に記憶に残る事にチャレンジしたのなら、間逆な話にも なる。

自分の(若)28歳の誕生日に何をしたか?全く覚えていない。適当に他ならない。笑
何処ぞのネーちゃんと乾杯したか?アイマイだ。(ガン寝してたのかも?)
が、独立した30歳の夏。8/19日は忘れる事はない。誕生日でもないが、何故か覚えている?

本気のモーションやアプローチは、体に刻み込まれる。 そういう事だと思う。

あの日の最初の仕事は、仲間のグースの車検だった。初めての仕事にオロオロしたものだ。
それでも、その慣れない一日をこなした後のビールの味と、ギャランティは格別だった。

「ああ、俺はここで生きていこう」 人がナンと言おうが 本気だ。 直感で そう感じたのよ。
日本一のビルダーを目指そう! それはズッコケタやり方でもOK!マジ馬鹿を目指す! と。


人と自分を比べる事程 ナンセンスなものはない。 ”唯一無二” オリジナルにリスペクトだ。


「28才の頃に初めてエンジンを組んだんだ。掛かった時は、そりゃ嬉しかったゾ!」
ヒロがオヤジになった時、自分のガキに話す時があるかも知れない。
その前に、結婚する女に話すかも知れない。もしかして、誰にも話さないかもだが
お前がボケたジジイになっても、その感動は 忘れたりしないだろう。
それが、これからのタイミングを全て変える位 影響大 なこととは知らずに・・・。

サクセス=成功 と。 掴む金額や残高でもなく、地位でもない。

本気でやった事の道のりだと 解釈して欲しい。 そしてもう一つ。

 「光陰矢のごとし」  セミの寿命にも似た あっと言う間の 出来事の連発に一体、
何を残せたのか? その答えが実ではなく、プロセスに有りと! エンジンから学ぶべし!
by samsonblue | 2005-08-02 08:19 | 風景

95. High standard

b0029052_1772147.jpg


後輪出力PSでのスペックも大事だと思う。 だが それだけでは物足りず、 
その外観には 色気が無いと、SAMSON‘のスタンダードには ならない。
それは、どんなに馬力を搾り出す要素や 技術があったとしても だ。

 ”色気も馬力にカウントされる”  

オートバイが停まっている状態でもパフォーマンスする馬力の基準が、そこにある。
ハーレーのカスタムショーなど、昔からそうしてるのが普通でスタンダード。
これを、ストリートでやるのが SAMSON‘ 綺麗で速い”本物を目指す。

丸ごと塗る最近の手法とは裏腹に、徹底的に分けて塗り、リビルドするSB.
エンジンの外観をビジュアルで見る基準 そして 丁寧に組み立てる。
投入部品も、選ばれたものだけ  言うに及ばず 消耗部品も然り。
只、距離を伸ばす為に欲張らない それがモットウ。
塗った角は全部面取りし、ネジ穴も皿で切リ直し。反り上がった所をカット。
交換部品も基準に見合うものは再使用するものの、何かしら手を入れる。
ノギスやマイクロメーターが道案内するその世界は、自分の糧となる時間。

部品のセレクトも当然大事。
硬いバルブSPは保険にはなるが バルブやヘッド、カムチェーンやベアリング
様々な所が傷みだすのが早い と 同時に フリクションも付いてくる訳だから、覚悟がいる。
バルブシートやスリッパー面にも、影響が出た時 その音をオーナーが聞けるならそれもいい。
柔らかいSPでのギア抜け、オーバーレブでの保険も確かに欲しい気持ちも分るが、
丁寧にシフト ワンテンポあけて アクセルON. それが次第に早く処理出来るようにればいい。
燃焼室の研磨はOKだとしても、バルブポリッシュは危険が高い。
シャフトにチャックの傷が入る可能性があるからだ。紙やテープで保護しながら噛ます。
折角ガイドを打ち変えても、そういう落とし穴だある。手を入れたらその倍は考える事が増える。

見た目と裏腹にベーシックな考えで組んでいる。 外面の艶” は あくまでオマケとする。

エンブレを掛けない慣らしやキャブのセッティング、スプロケのチョイス、オイルの粘度etc~
これからが、本番。 オーナーが学んで行かなければならない事は、全て音や振動が伝える。
機械と会話するのは特別な事ではないよ と SRのエンジンが教えてくれる筈だ。

メーカーがその値段では出来なかったクオリティを追求する、その考えは車体にまで及ぶ。

「理想の一台を追いかけろ!」 蜃気楼のように 何時までも辿り付けない時間を 楽しもう!
by samsonblue | 2005-08-01 18:34 | 部品