カテゴリ:ヘルメット( 99 )

743. Honma SIMP 1

b0029052_2225124.jpg



その昔、海路では星の位置を見ながら行ったそうだ。とても目が良いし、記憶も。凄い事だと。今更ながら。

現代ならGPSだろうけど、多分その時代は星で行けたんだろね。それでも「もっと良い方法ってないだろか?」
絶対どの時代にも、そんなモアを願う奴は居たと。便利簡単、スピードUP!手軽で早いはどの時代にもキー。

ユッタリのんびり、旅にしろ 泊まりにしろ これが現代の贅沢になるとは、昔の人は想像出来ただろうか?笑
本当、オカシな話だけれど。どこかで何が一番かを考え初めてて量産の安い物でなく、自分だけのモデルが!!
もし、あったら良いのに!そうゆう贅沢って良いではないか。自分だけが分るマークなり、ヒストリーなりでね。


「航海中オリオンが見えてたんです。サイドに入れて貰えません?」本人が知る、その時の感覚があるよね。
地を踏むのが当たり前の自分らでも、船で月日も過ごすと流石に感じる何かが有ると思う。贅沢とか有り難味。

「本当の価値を貴方に!」なんてCM見るけど、過ごしてきたスタイルや経験とマッチしてないと、猫に小判かも。
by samsonblue | 2015-06-30 22:05 | ヘルメット

805. Nishi SIMPSON-1

b0029052_5345634.jpg



別に安物で良いじゃね? えっ?メット被る必要もないの? 健康&流行りで自転車でしょうか?


拘りは物価や株価に反映してる。インフレデフレで変わるのはギアだけでなく、趣味そのものも。
小さなボルトに燃えた時代もあったじゃない。笑 フローティングピンやライトレンズなどもそ。
傍からみたらどうでも良い事に、結構な時間を割いたんだろうけれども、それ心地良くてねぇ笑


白いバンディット、やたら渋い頃有ったよね。んで、それを更にpaintなんてのはね。今も昔も。
アライやショウエイには無いんだ、このエッジや独特感。サイズは同寸でもバラバラなんだけど
SIMPSONだから。笑 内装ハンマーで凹ませてでも被りたいのは、好きな証なんだろうけどね。笑

BIG BIKEにこれ反則。ましてや刀。鉄板のサイドラインは帽体のデザインと良く似合うしキマル。
大体をリクエストして、出来上がりのズレを楽しむってんだからね。笑 イイ感じにズラすかね。

好きな物を詰め込む。種類も色も。でも加減ってのが中々=カッコ良いは無限なもので困るけど、
それでも 本人しか分ら無い世界観がセッションしてみると、必ず垣間見える一瞬!そこなんだよ。若
by samsonblue | 2014-11-18 05:35 | ヘルメット

804. Nishi SIMPSON-2

b0029052_5334012.jpg



何処から塗るよりも先ず、脱脂して研ぎ。地味なんだけど大事だよ。縁ゴムは接着の加減を見て
抜けそうなら良いけど無理に外さない方が・・・。中々ゴムが手に入らないんだよね。独特でね。
表だけゴムをめくるように。それでも綺麗に取れないから難しい。マスキングはやっとその先だ。

10mm以下の3Mのマスキングを中心から左右に張り込む。球体に近い所は重複するからこれがね
カットする時加減が難しくなりますんで、DESIGNに絡まないように張ればベターなんだけれど・・

鉛筆で大体のラインを描いたら、迷わずカッターで。直線用のが良いかも。曲線のRにもよるけど
順番を考えながら。走らせるように切る。2回切ると後々。パール系&メタならその線拾うからね。
抜く所と残す所を選んで印を描いておいたほうが吉。センターロゴの雰囲気を考慮して選ぶんだ。
(マスキングの前にBASE色を塗った場合は、BC=一液でも乾燥に気を使うよ、糊跡面倒だもんね)

(急がば回れ)そう言うのだからイェッサ。そう素直に取れる人ってペインターが合いそう。笑
塗り方にもよる、ゴミや切り腺は塗りの直後にでる。出た所勝負のその時、機転が利くかどうか。

慌てず、離れて見て判断。その上に乗るオカズなり線の太さで、フォロー出来るなら勢いは消さず
次のデータや修復の為の準備に回ろう。切換えが出来るか否か。そのトンチにも似た感覚の判断。

一番困った時に笑う事の大事な意味は、映画やアニメでも手本がありそう。イェッサ=答えかもだ。
by samsonblue | 2014-11-18 05:34 | ヘルメット

803. Nishi SIMPSON-3

b0029052_53274.jpg



塗った&作った物をファインダーで覗く。面白い事に別の感覚で見れる。何なら紙の筒でも同じ。

きっと周りの景色が狭められ、対象物により集中できるからかも。PCでイタズラしてても発見が。
仮想での試し業が出来るのは 大変ありがたい事。0から産む事は難しいけど、アレンジは楽しい。

見ると分る。好みで良い。良いか悪いか。好きか嫌いか。スッキリしたか、ゴチャっとしたかも。
乗せる楽しさと裏腹に、整理整頓が必要不可欠。バランスも意味。無くていいのか薄く必要か?
刃物で付けた傷は一液では消えない。それでも段差はフェザーエッジに出来、トーンの修正も可。
無くては淋しい、すぎるとウザイ?そんな場合に同色で消しながら調整すると、良い塩梅になる。

そこ脇役?主役なのかを判断すると出そう。脇を固める”と言うけど、これ何にでも言えそうだ。


(ハッキリ色分けしたチェッカーを白で消しながら確認。アレンジでキャンディーやグラデも!
それでも、一発勝負なもんで その前に2液で塗っとけば、イザと言う時の保険にもなるよ。若)
by samsonblue | 2014-11-18 05:32 | ヘルメット

802. Nishi SIMPSON-4

b0029052_5303291.jpg



シールドとの兼ね合いでオカズのサイズも変化。まして、メット特有の3D。複合Rは中々手強い。
最初に描いた絵のようには、スンナリ行かない。笑 同じ帽体なら何となく掴めてくるけども、
年式によってホント換わる変わる。SIMPSON”それでも好きなもんでヨシとしよう。笑

横顔はSIMPらしさが本当出るから、サイドラインが決まるかどうかはラインの位置がキーを握る。
4輪のレーサーのラインは良いのが多いんだけど、見えないでしょ。笑 そりゃ座ってたらねえ。
BIKEは 横からのスタイルが、らしさ。抜いて行く一瞬にどう見せる?え、速すぎて見えない?笑

クラシックガンの世界も、SL&工具もBIKEも4輪も同じ何かがありそうでね。メカメカしさってか
ああー、そこカッコ良いよ。そういう事に気付くよね。特に、古い時代には本質が凝縮しててね。

何でもかんでも綺麗。イヤイヤそうでなくて。使ってる内にそうなる場所のテカリや腐食は美だ。


(回り込むグラデやボカシはSガンの角度がキー。回転代を置いて片手でGO! 最初プルプル。笑
ヒゲの角度やオカズの位置確認出来たら一発? イヤイヤ、白と黒なら何回でもフォローOK!
その代わり、マスクの範囲内といえど段差は増えるよ! 濃度を落としながら決めましょう。若)
by samsonblue | 2014-11-18 05:31 | ヘルメット

801. Nishi SIMPSON-5

b0029052_52807.jpg



見るとやるとじゃ大違い。笑 実際に塗り分けて見るとこれまた面倒。真直ぐのラインですらだ。
曲面の表情が場所により変化。下に上に持っていかれる。張り過ぎるとテープが伸びる。アレレ。
一発で決めようとしないで、張った場所の上下に補佐線を使うといい。その線の悪い所に使う訳。
最後、改めて一発になるけれど補佐線の際をなぞれば大丈夫。白と黄色の識別が大分キツい歳?笑

決める場所と、ほんの少し笑える場所を作れると万歳。色のバランスやSPICEの出し方も人其々で、
どこにらしさを込めれば!なんてオーダーも時にあるんだけれど、そのペインターのセンスは必ず
滲み出るもの。そんなミックスされた作品はお客さんにとって宝。工場で生産された物とは異なる

自分らしさを表現するのは中々だけれど、その時代その車体に乗る時の気持ちは、本物。本来は、
自分で仕上げると、もっと良いんだけれど 半分手伝うだけでも意味。大変さ&嬉しさを共有できる

(その中から選んで下さい。) 気付くと当たり前のように判断する事ばかりな世の中ですけども
無い場合はCHALLENGE! アシストするんで是非。自分好みをば、探す難しさ&楽しさをぜひ! 若



(クラシックコルトをメタルで。これは白黒反転すると、こんな感じに見えた時の感じが良くて
場所もココでしょって感じ。これで乗るのが刀って言うから洒落だよ、笑 3~4mmと細いけど
シルバーラインが効いてると思う。タンクのプレスラインのあの感じかね。どこかにオレンジを
そういうリクエストだったから、こんな感じでど? ハロルズは復活の願いを込め、オマージュ
色飛びして分り難いが、肉眼ではチェッカーが分る。紫外線では角度で変化。さり気無くオマケ))




b0029052_5293054.jpg
by samsonblue | 2014-11-18 05:29 | ヘルメット

800.OONO SINPSOn8

b0029052_2025294.jpg



塗ればその分段差も出る。paintだからフラットなんじゃない。バイナルのほうが薄い時さえ。

昔みたく簡単にフチゴムが抜けなくなったから、3mm程上でマスキング。で、回数分下げる。
段々何度も下げて、階段状にして最後が縁にもって行く。そうする事で、フェザーエッジに!
シールド&アンダーのマスキングの回数はその分増えるが、埋まる事は無い=急がば回れだよ。
段差を落とす時に下地まで届いても、大丈夫その3mm圏内ならブラシでフェードのBLACKOUT!

特にシールドのフチゴムは最近は出来が良く、エンボス。風の巻き込みと、水が入りにくそう。
お陰で、2mmのマスキングを3周回さないと中々。90度のカーブはキツイから時間差で・・・。
次の日に塗るのはNG。戻ろうとして位置がズレてたり!スグ塗っとけば、溶剤で形が留まるよ。
重なる所、予めデータを作れば厚みを押さえられるけれどね。イイ感じに悩む楽しみもなくなる。

悩む事もこう言う場合、贅沢のジャンルになるか。高いヘルメットにpaint代金。今時は!だね。
その辺アルファの林さんはアンテナ尖ってたから、¥9800とかのDESIGN込みのヘルメット販売に。
色やDESIGNはオマケと割り切ってる。そう言う時代になって行くんだなぁと。すぐ理解できたね。

それでも全く無しではない筈。笑 本当は塗る楽しみ&作るアイデアの時間が一番の醍醐味だと。
もっと言えば、寄り添いながらそれを支える人が居る事の強みと言うか、手応えとか時間かなぁ。


友達が作ってくれた自分だけのカセットライブラリ。「3曲目がこれで、最後がこう来たか!!」
その時間ステレオの前で曲が終わるまで付き合ってくれてた。ドラッグ&ドロップじゃこうはね。
何処かでアナログな行為程、重みがあるのは知ってるんじゃない。ハンドメイド=本物の行為と。
by samsonblue | 2014-10-05 20:02 | ヘルメット

799.OONO SINPSOn7

b0029052_2012862.jpg



進むにつれ、整理整頓がキー。一番苦手かもだ。笑 机の上散らかってない時無いものね。笑
モノトーンで見るとリセット出来るから良くやるんだけど、色の確認でね。そこは赤!ってさ
思うと赤に見えてくる、職業病的な。抜けた色で攻めて、大事な場所に色を決めるって言うか。
強く出す場所は同じ所でもないんだよね。縁だけ中だけ とか。目から鱗は現物が教えてくれる。
迷うとこれキリ無い。引きで仕上げりゃ間違い無い?イヤイヤ。入れても引いて見せる方法も!


さり気無くって加減は本当に難しい。見せなきゃ何だかってなるし。見えないけれど海苔段々!
by samsonblue | 2014-10-05 20:01 | ヘルメット

798.OONO SINPSOn6

b0029052_19594044.jpg



光が当たると青く見え、加減で青緑。Rが変化すると消える。ゴーストと言うのも頷けるか。
前面だとホンとに消えるから面白いよ。黒BASEに仕上げた波は、ハウスのマーブライザー。
これもパールBASEだと思う。透かしで反応が異なるからね。刷毛ブラシとラッピングで表現。
背びれが水面を切る所は、スパッタリングと殴り描き。この辺?って場所に飛ばしておいた。
鯉の外線が来るだろう場所に薄くマーキング。浮世絵の波よりも、濁流感”を出したくてね。

何時もならバンバンスポンサーロゴを原色で描く、ドラッグレース風が大好きなんだけど、笑
和風のテイストで仕上げないと!なんてブレーキを掛けたけど、上との繋がりもあるもので、
RACE PRODUCTのロゴは雰囲気で筆。色は邪魔しないライトグレー。配分を気にしながら進める。
横の赤みオレンジは鶴の線。右側はパールレッド+パープルで、ラッシュフレアに被せて絢爛。

アイスのトッピングと同じで、行程=プライスに反映される。シンネタなら尚更時間も掛かる。
慨在のFONTと違い、プロットで簡単に切り出せるものではないよ。手切りだと大きさの変更が
簡単に出来ないから、データ。目が疲れる。笑 でも出来上がった時は嬉しいもんだ。ホント


この人には色々してあげたいってか。大事にする方法より、大切って何かが凄く分る人なんだ。
そういう人には皆同じ気持ちでしょ笑 カーちゃんが作る弁当と同じ。込める気持ち大事だろ。
by samsonblue | 2014-10-05 19:59 | ヘルメット

797.OONO SINPSOn5

b0029052_19555850.jpg



フレアと波の表現が終わり、その時点で打ち合わせ。後のオカズやラインの処理なんかをね。
最初っから、何でもアリならそう言うのはしないけれど、記念だからね。特に慎重に進める。

派手より地味。一見そう思うんだけど、綺麗な色はこの人好きなんだよね。服や小物に出る。
表現の違いで、どう取るかじゃないのかな。メットの場合は単品で考えたほうが今時かもよ。

7年前の写真にヒント。彩りのバランスは時間が経っても変わらない。絶対”でなく大多数ね。
明るい色も少ない量で行けばOK。牛丼の紅生姜が一番分り易いか。弁当や丼の色は、深いから。

濁流の中を昇る鯉。外線は何となく見えてたけれど、球体に近い帽体のマスキングは一苦労。
その分を見越して作らないと、寄ったり散ったりなんでね。逆手にとれば、ググっと手前に!
膨らむ魅力になるからおもしろい。背中を丸く、力強く!中を塗るか外で舞わすかは配分でね。

色はブルーパールBASEにグリーンを混ぜる。魚特有の色が狙い。透かしで見えたり隠れたりも。
ハッキリとした色で出さないのは、チラリズム。分り難さが粋と取るのは世代。オヤジの美学。

この先に起こる、何かを撥ね退ける力強さ”を込める。今も昔も、そう言う気持ちは不変だろう。
by samsonblue | 2014-10-05 19:57 | ヘルメット