649. ZEP" sato

b0029052_3131541.jpg



「お前が何をやってるのかを、こんな所で表現しててもラチが明かないだろ?」「良いも悪いもさ」
「先ず、人”に見て貰ってからだ!そうじゃなきゃ意味がねえ!」「だろ?」「大丈夫。行けるから」

この業界に入る切欠をくれた一言と。その舞台”に押してくれた人の言葉は。やはり一生ものだ。

ZEP”佐藤さん。気が付いたら居た。そんな存在。それでも、最初の出会いは今だに 覚えてる。
女の指輪か、ブレンボレーシングか?を 迷っていた時に、背中を押したのは、佐藤と中山だ。笑

そこで部品を選ぶ事を、この2人は多分分っていたんだと思う。そして今に至る人生を送る事も。
今だから、そんな事が言えるんじゃ?いや、そーじゃねぇ。バイクが一番に大好き”だからさ俺。
それがずっと変わらない奴って、知ってたんだよ。多分。その時の2人の気持ちは、占いよりも。
きっと透明な気分で言ってくれたんだと。そう思うんだ。シツコイから。俺。それも含めてだと ね。

SR30th"のヤマハの本社前で、民放のTVが各社のSRを映すってんで。置いて。次は音出し。
流石に緊張して、笑 キック2~3回。恥ずかしいわな。コックOFFだった。笑 tv慣れてないし。

そんな一コマをニシが撮ってくれて。このカットを見てる時に、ZEPサトウさんの事を思い出して
こんな事を書いてるんだと。思うんだ。毎回書いてるこのブログは、そんな感じで。只、何となく。
ツラツラ書いてる内容も、よくよく考えたら?何でだろ?ってのばっかり。笑 でも書いてるって。

何となくでも、今まで自分を応援してる人が悩んでいたり、凹んでいたりしたら 嫌だからかなぁ。
大勢を支援出来ないけれど、個人なら何とか。しかも頑張ってるけれど迷ってる人限定ってかね
「大きなお世話だよ!」って元気があれば十分だよ。笑 それでも。お節介が余計な事を祈るよ。


絶対” 満点” 完璧” 100点” そんなのが有るなら苦労はしねぇよ。笑 何にでも言える事だ。


後何年、生きるか この仕事をしてるか分らないけれど。必要でも要らなくても行くよね。ガンガン
人の作ったものに対して、言葉じゃなく作品で。それでもパイオニアには敬意を が俺の決め事。


サムソン”って社名が入ってなくても、皆分るだろ?って、スラクストンの田中さんが言うんだよ。
ああ、そうすか?って。インディーズ万歳って感じで良いんじゃねーかな?サトウさん。笑不安?

アツイ”そんな気持ちがちゃんとある。そしてマジと遊び心がある所なら、何方でもコラボします。
最近何社かは連絡しました。サトウさん。先ず人に見て貰うって、貴方が教えてくれたんだよ?

何時かアナタとコラボしたSRにきっと、他の人が励まされるって、俺は信じて。絶対”を目指して!
by samsonblue | 2008-08-13 03:13 | バイク


<< 650. The New&q... 648. 30th"... >>