587. Objective view

b0029052_1181936.jpg


自分の感覚を簡単に超えてしまう、人の見方や意見。聞く耳や開ける事”が鍵。
ひょっとして現場に居ない無責任と言う距離が、まんざら有効なのかも知れない。

緊張せず冷静、リラックスで望む他人のサジ加減には、ウマミも灰汁も混ざるが
気分や好みと言う言葉達の中に、次のヒントや欲しかった答えがあったりする。


もしかして 一番知らないのが、自分の感覚なのかも知れない?と、同時に、
自分の良さを一番に理解、引き出す難しさか! 灯台モトクラシで中々・・。


自信=今の己である。解ったつもりを長くを引きずる意味は、何もなしだろう。
本人が気付かない事を、ジャッジ出来るギャラリーに出会うか否かは、運と縁。
by samsonblue | 2006-10-02 01:30 | 風景


<< 588. Borderline 586. Give up? >>