33. Possibility in Parts

b0029052_1555529.jpg




















 敗者 復活戦”を 賭けて機械部品は、可能性のジャッジ。 話せる奴に訴え掛ける訳だ。
ゴミにしか見えないヤツだと、溶かされて塊コース。又は、白錆放置の空き地コース。

 磨り減ったり、傷だらけのシリンダはスリーブが許す限り、蘇る事が出来る。
更に、ボアサイズを広げ 傷を削り込む事で スムージング。新たなツラを出す。
メイカーにオーバーサイズのピストンを置かない現在、事情がスッカリ変わってしまったが・・。

 国内外ピストン メイカーから、新たなサイズからチョイスするしかないが、道はある訳だ。
よく聞くボアアップ。戦略を間違えば、ドローはなく 敗者になる。

しかし、乗り手と組み手がタッグする事で再生。しかも、今度はパワーが出るエンジンになる。
部品一つで、Heaven コース。 乗り方と開け方で、逆コースもあり得る。

 勿論、組み方でコースが分かれているのは 想像に容易いだろう。肝”だとも言える勘所。

ショボクレタ感情に部品が 眼飛ばす。お前もボーリングしてこいや?そんな声が 聞こえてきそうだ。
壊れたから新しい乗り物ではなく 新しい部品で直して乗る。 それが当たり前。マダ終わってない。
自然治癒能力は持ち合わせていない部品。 オーナーの手が真っ黒になれば答えが出るだろう。
by samsonblue | 2005-05-11 03:14 | 部品


<< 34. Moment That. 32. Energy >>