23. Return

b0029052_2352537.jpg


























 物をモノとしか見ない人には只のガラクタでも、人によっては宝物。そういうヒトに物”は集まる。
ココロを宿すような 組み方 = 考えながら丁寧に あるいは、先を見越した組み合わせ など。
その部品のパフォーマンスを最大限に生かすように、組み 仕上げる事。 それが当たり前。

 時間を金額に換算したり、損得の効率ばかりを追いかけると、見えなくなる景色かもしれない。
今のTOPが教える事がそれなら、覚え 育つ メカニックも当たり前に右に習うご時世 かな。
大切な事は、田舎の景色にも似て、非 効率的に見える世界。 だが、最後には帰る場所でも。

 鋳造マグネシュームホイル。 アルミでも、鍛造が主流になってきた今だと、型遅れかも だが、
今となっては、このスポークのデザイン 新品だと JB-POWER しか手に入り辛い・・。
ホンモノのCAMPAGNOLO。 調理次第で、間違いなくウェイトレシオを確保してくれるだろう。
一馬力当り何キログラムを担当するのか? 軽量化と耐久性の鬩ぎ合いを、メンテが仲裁する。
by samsonblue | 2005-05-04 10:45 | 部品


<< My Way 22. without sle... >>