760. MORI SR-1

b0029052_23585298.jpg




大多数、大抵皆思ってるよね。「おおーい!俺をPICKUP!してくれよ!」ってね。そんなこと無えかなぁ?


時間が経てばとか、知り合いが増えればとか。チャンスは必ず魔法の絨毯のようにある日訪れるハズ!って
んなことも、もう来ないって歳になっても未だ、どこかでね。ロマンと奇跡を信じて止まない気持ちが・・

な、今度は一寸方法を変えよう。「俺のココ見てくれ!なぁ!どうスか?」って。押すんだよ!ズイっと。
モジモジしてたら目&腰がいう事聞かなくなる歳になっちまう!笑 その前にだよ、電話一本。簡単だろ。

会いに行く!そのナニガシが上手い奴や達人に。ちゃんと相手しようが しまいが、だ。行くんだ。そこに。
「なんだよ,大した事ねぇじゃん!」そんな捨て台詞言う覚悟でいけば違う。ぶつけて当てて初めて入れる。

「まぁ、そんな無作法な!礼儀有っての人と人!でしょう!」え?余裕ないんだよ。笑 そこで見る奴なら
そんな所。必死な瞬間を垣間見れる大人かどうかは運も要る。何処かにガキの気持ちを持ってたら儲けもん

理屈を抜いた所で出会う運は、思い付きや何となくが起こす良い意味でのアクシデント。瓢箪から駒がでる。
出会うべくして出会う。それもあるが、同じ匂いがする奴と何度出会えるかが、この先の楽しみでもあるよ。

ドキドキ&アドレナリン。ストレス&人間不信。多勢に無勢。世の流れ逆らう唯我独尊!?行うは難しだよ。

懸命、何かに入れ込む奴を応援するのは、多分そんな時に応援してくれたお節介な奴が、絶対いたんだろね。
回覧版みたいに、同じ事を必要とする誰かに回していくって教わったのかも?じゃ、森さん それで行こう!
2人で考えりゃ、一人でやるより良い物出来る!そう思ってやる事で結果がでる。俺、持ってるもん全部出す。
by samsonblue | 2015-10-01 23:51 | バイク


<< 761 Kuma AGV 759. NUDA900-4 >>