749. Nitta SIMP 2

b0029052_4592768.jpg



マスキングを剥がす行為は何度やっても楽し。笑 脱脂や研ぎが上り坂ならば、それは下りのコーナーでしょ!

プロットで出したマスキング。曲面の曲率が変化するメットは不向き。粘って張れば行けそうだけど、中々大変
マスキング張ってから描いて切る。アナログなんだけど間違い無い。型紙を用意すれば大きさや配置も選べる。
それでも、繋ぎの部分はアドリブがいるよ。マジックで描いて修正しながら、カッティング時にも修正を入れる
その後はフチ入れの時にフォローするし。大胆に 且つ丁寧に。フレアは流れが大切だから、方向が肝心だよね。

ハウスのマーブライザ。吹き残ったネタを缶に戻すなんて繰り返してたら、希釈なしのネタでも硬くなるから。
新品ならタレずに乗る量が分り易い。それでもいっぺんに乗せず2回位。フレアの分け目を見つけながら吹く。
当てるシートによって柄が決まるから、何種類もテスト。ラップ塗装なんてあだ名があるけど、それ以外が吉。
ビニール素材からダンボール、ラジコンのタイヤだって面白そうだ。半乾きでならスピニングもいけそうかも。
(ドリルの先端にVelvetやナイロンブラシを付けて、回しながらずらしてく技。鱗とか呼ばれてるDESIGNだよ)

園芸用品にも結構使えるシートがあるんで見てチョ。保温性を狙って、2枚をサンドイッチしたのが今回の柄。
張って押さえる時間が長いと取れ過ぎる。下吹きの色が出る=マーブに乗せる色が出ない。加減が難しいよね。

スピード感とエグさを表現したかったね。本人希望色はGREEN。濃淡でもグラデでも良いんだけど緑は中々ね
グラデが難しい。下塗りのブラシで青を薄く吹くと少ない回数で、深い緑になるよ。ゴールドでも良いよね。
ハウスのキャンディー用色見本を見ると参考に。時間が2年も経つとキャンディー補修用のネタもガチガチでね
中蓋に千枚通しで2ヶ所穴をあけると、硬化し辛い。一缶の値段安くないからね。保管場所も気を使いましょう。

柄が決まったら中吹きは薄く。決まらなかったら、下色をブラシでもう一度!マスキングは30分ほどで抜くよ。
材料が柔らかいうちに本中吹きを打ちたい。(エッジのバリが高くなる)余り触り過ぎるとゴーストの要因に!
濡らしたウエスを硬く絞って拭いて。タッククロスは糊が返って付くから要注意!静電気も散るんで水拭きで。
by samsonblue | 2015-08-07 04:59 | ヘルメット


<< 750. Nitta SIMP 3 748. Honma SIMP 4 >>