792. OONO ZZR3

b0029052_4352149.jpg



黒にクロ系を重ねる。そんな一見、分り辛い色の組み合わせ。態々そんな事しなくてもね。笑
それでもちゃんと見える角度や紫外線など。水銀灯はホンと良く分るし、透かしで消えるよ。

今回は、それまでよりも見えるようにしたんだ。笑 横見と上見を分けて。配分"ってあるからね。
ここから更にCandyBLACKで消してく事も出来るんだけれど、パシっと見える方向で行く事に。
分る奴だけに分るより、分分り易い方で。ZZRのタンク上部は広い!堂々と色と光物を置くよ。

Gリーフだとエグミが出そうなもんでバイナル。ザラリとしたグラデが、味”に見えるようにした。
段差は取るけど、有っても面白い。厚みの分だけ縁の色がクリアと反応する。エンボスも有り。
只、黒はゴーストが出易く砥ぎ後に、多めの水拭きで確認。アルコール系の材料などは要注意。
各影は最初にマスキン。下の柄が一番で上が最後に。一液の捨て吹きを兼用すると早いけれど、
マスキングテープに食われ、色ごともっていかれた事が有ってね(笑 それから日分けて2液に。

最後全部のオカズの縁をオフセ1mmで養生。保険で黒を薄く吹くとゴースト防止にもなるし、
類似の黒系で影を描くなり輪郭に強弱付けるなりのバリエーションの最終段階に。でクリア。
テープ糊や、黒ミストの粗が出る恐れも!硬く絞ったウエスで軽く水拭きとスカシで確認。若
by samsonblue | 2014-09-02 04:35 | バイク


<< 793. OnoSIMPsON-1 791. OONO ZZR2 >>