721. IGA-SR 2

b0029052_158081.jpg



しかし、SRのイベントは盛況だったっすね。場所もそうなんだけど、ヤッパ去年の東京のリベンジ風”もあって、
凄く人が集まったみたいで、何よりカスタムの内容も年々凄くなり過ぎってか、皆マジでイジリ過ぎでしょ!笑

色んなバイクがあったね。凄くお金が掛かったものから、愛情が込められたものから、遠方のナンバーまで!
こんなにも出来るんだなぁーって感心したけれど、なんか段々原型から 遠退く感じが否めないっていうか・・・。
自由なフィールドが広っ!何でもかんでもOK!な時代なんだな。きっとね。笑 ボーダー=タブーってかね。

んまー、その多さの中からコイツすゲーなー!ってのは確かに居たよね。多分雑誌も目付けてるだろーから
この人!なんてのは、別に言わないけれど、笑 皆其々が一番って事で良いんじゃねーかなって事でさ、ね。



何でも当たり前にしてきた事でも、実は?なんて事があるじゃない。言われないけど、実は・・。なんて事あるよ
祭りの後はそんな風景が多々。イベントを一番下で地味に支えてる黒子の背中に出てた。溢さないから又良い

一見イカちー骸骨のツナギ着た兄ちゃんネーさんが、皆飲んだ後のトッ散らかったペットボトルを集めてたり、
行き帰りの人を熱い中で誘導、棒や旗を懸命に振ってたりもしてたんだよね。多分ノーギャラだと思うんだよ。

「だって仕事じゃん!」って思うジャン ちゲーんだ。何処かのショップの人だったり、そのお客さんなんだよね。
そこの頭が仕事を割り振るんだろうけれど、その人の人徳やFANの意気込みが答えてくれてるんだわ。凄いよ

その中でも、食べ残しと飲み物がゴチャゴチャのゴミ選別を、小さな女の子2人と一緒にやってた女性が居た
スラクストンの田中さんの所のスタッフだと思うんだ。カッケーなーって素直に思ったよ。最後までやってたよ。


誰かがやるんだろうって事すら思わないよね。誰も考えないじゃんね。お客なんだものね。普通だと思ってね。


「ゴミを分担で持ち帰って貰ってるんだけどクルマに積めるかしら?」 「少しならOK!スよ」そんな会話をして、
帰りの高速で鬼渋滞。夜中になりやっと流れるようになって荷台のゴミ袋がバサバサ音をたてて揺れてた時
あの女の子達が大人になって、もしバイクに乗ったら、ミーティングから帰るお客にこう言うかも?って考えてた

「分担すると、一人一個か二個ですむんですよー! 又来年も出来るように、ご協力お願います~!」 笑顔”


オッサンになって、カッケーの意味が年々変わってきた。簡単な事だけれど、出来てない事を見れるってかね


「SRのミーティングが来ると、その後って綺麗になってるね」「是非又今度、宜しく!」 皆でやると1~2個で済む。


ミーティング関係のスタッフ、ウエストの方、出店のショップの方々、田中さんお疲れ様でした。又、是非!若
by samsonblue | 2011-09-26 01:58 | バイク


<< 722. Ando SR-3 720. SRイベント >>