716. F Moon"

b0029052_4141976.jpg



夜中に、ふらリと 走りに行きたくなり 外に出る。 そう言う気持ちが未だ残って居ることが、実はとても大切だ。

何かに付けて走りに出る事に、億劫に。明日は早いから?ガソリンが少ないから?タイアが減ってるから?・・・


一緒に走る奴が居ない方が、自由度が高い=自分ペースでイケル!って事でもあるし、気張らず素直に と。


最大リフトのカムが振動を招いていたからノーマルに戻す。長生きする方が、大人ってもんだろ!なんて。笑

面白いもので、組み合わせはやって見ないと解らない!マイクロメータで計測しても解らない事実が、速攻だ。

何かの角が取れるように、振動が減ってきた頃”に、懐かしい感覚が戻ってくるし、名も知らない友人も出来る。

何の部品がナンボした?かを忘れる位、楽しい時間を過ごせた頃には、帰路へ。反省点をメモして、又今度!


もうすぐ蝉が鳴き始める夏。風鈴が心地良い夜が タイミング。走れる内に突っ走れ!幾つになっても バイク乗り。
by samsonblue | 2011-07-15 04:14 | 風景


<< 717. Fragrance... 715. A Chance ... >>