711. Ando"-SR

b0029052_0365166.jpg



「この予算で購入出来る車体を探して欲しいんです。、勿論SAMSON‘でカスタムする事前提”ですけど。」

「ベース車両の見極めが 自分らでは難しいんです。後で余計な出費押さえるためにも。是非、若さんに と。」


経験(少ないなりに)を積んだ事を、道のりに例えると。随分寄り道したに違い無いが、それが旅先のパンフ。
あると無いとでは、大体分るだろう。困る前に必ず先手を打ち、心配する時間がEnjoyへと、180°の差にも。
ショップに御願いするのは、失敗や無駄な金額を失いたくない為の、保険。これを使わない手は、無いだろう。
その為に毎日、運んで組んで、車険をパス。オマワリに捕まらないように空気になり少しだけ飛ばす。笑 訳。
鍛錬に近い形で学んできたものは、大抵の業者の種明かしは見透かす目も同じく養ってきた!と言う事でも。
乗る前、「ああ、これだ。」と。名前が通る中古車屋で見つけたこのSR。ノーマルシートの良さも今頃!気付く。



ノーマルも、とんでもないズレタ部品を取り付けた車体も、結構な感じで走らせる人も、少なからず必ず 居る。
それで勘違いする訳だ。「ああ、この組合わせはOKだな!」とか、タイアはでかい方が偉い!のだ。などなど。
カスタムの落とし穴はここにある。見た感じで全てが乗った風に、全く理解されていない!という大事な所をだ。
乗れる奴はデタラメのセットでも瞬時にバイクと会話出来、動かし方を体全体でフォローする。だから速い訳。

「自分の財布から出た金額だから、好きな部品を付けてどこが悪い!」「今、ここの部品が流行りなんだよ!」
ハイハイ、ではそれとこれとこの加工と・・。これでよいでしょうか?お客様ー。「そーだなぁ、ままーだけどOK!」

商売をする上でお客さんには良い顔でいたいもの。こんな浅い付き合いしかないと、結果、想像出来る 結末。
長く乗れる車両はノーマルは勿論、カスタムなら考え抜いた組み合わせと、セッティング+メンテ”が当たり前。
メイカーが考え抜いたバランスを壊す事で生まれる良さより、悪さのほうが俄然上回る!長く乗るにはさて??



適当に食材を刻んで混ぜて、炒めて。時には、調味料をササッと混ぜて。それだけで美味しく作る人も多い。
どこかしらの修行を積んだシェフだけでなく、田舎のオバちゃんもナメてかかれない。味”は経験の差がモロ。

絶対音感に近く インスピ宜しく ヤル前に想像出来る。そんな黄金比をいたる所で見つけた。肝”のようなもの。
運動神経が良いね!。そう人に言われた事があるならバイクの走らせ方が上手いか?イヤ そうでもないんだ
バイクが上手い人に共通するのは、感”が良い所。動物的半分、理解力半分の。動と静の合わせ技だろうか?


目標。どんな形であれ、あれば寄り道をせず済み多くを節約。慣れてから出た自分なりの答えは。解答でも。
自分サイズは自分で探す事が肝心。それを一緒に探せるショップを見つける事が、長く付き合える壺だと思う。

「上手くなりたい」 もっと絞り明確な。「今年、メンテを覚えます!」やがて3年も過ぎた頃、好みも変化する筈だ。
by samsonblue | 2011-05-23 00:36 | バイク


<< 712. J、MOTOYAMA... 710. Getting O... >>