693. FUJIKIN" SR & SAMSON" SR!

b0029052_23423053.jpg



ある時、藤金(藤竹金属工業所 各ショップやSRじゃ有名ね) にさ、フレーム補強の事で相談した訳。
「何処にどれ位で、どういう感じよ?」 「どースカね。じゃ乗ってみます?」「じゃ俺のも乗っちゃうか?」
てなわけで、お互いのSRに、乗ってみてインプレ大会(2人で 笑)するべ と。でも藤金号は車検中で
上がったらやりましょう!って。で、日曜のお昼に(先週だったっけ?)トランポで積んで来た。超楽しみ。

お互いのSRの癖ってかね、ココはこうゆう感じだかんねーって軽くやり取りして、違う道を別々にGO!

それまで自分の車両ってインプレなんか雑誌でもしてなかったから(先月のゴーグル位かな)実は不安
まあ、自分で乗りやすいを目指して作り込んでるつもりなんだけれど、フジキンやらほかの各RIDERの
為ではないから、駄目もとなんだけれどね。(それでも雑誌ゴーグルの中村さんなんかは、誉めてた)嬉

セットUPと、消耗品を変えるくらいかな。人が乗るから点検も兼ねて色々。でも地味なことばっかだよね。
それと前後のタイアも交換。3000キロも走るとクイック感が大分なくなるからね。特にフロントは効果大。
空気圧も高めだな。(あくまで私の好みですハイ)2.1とリア2.2~2.3かな。各サスペと相性を合わせて。

ワイアーやらベアリング、まし締めと、キャブ関係。パワー出したいから今回は、インマニと加速ポンプの
出る量を変更するパーツをキーマンのハセ氏から借りたよ。(これ凄いね。最高!)問題解決でイケイケ!

どーしても加速ポンプにニードルが絡まないってか、ポンプ吐出量を押さえニードル主体のミキシングに
早く切り替わりたいんだけれど、(ミクニのRS40の加速ポンプ無し仕様ってかね)中々これだってのがさ
見つからなかった訳。無しじゃ物足りないんだけれど、25%位からニードルだけで加速に持ち込みたい!
でないと、機嫌伺って薄いクリップ(上からに段目とか)になるんだよね。(595は特殊。又よく吸うから!)

でこのパーツ(別の機会に紹介しますスンマセン)のおかげで、ドルニーを濃く出来てトルクUP!出来た。
息つきなんか全然!アクセル開度が少なくてもイケル。ウシシ。これは嬉しいよ。インマニ加工と相まって
イイ感じ。欲張ってマフラー出口も別注インナーこしらえて轟音。でも開けて加速してる時の音最高です。
吸って爆発、出てナンボが一連でシンクロした時は、気持ちが良いし、排気量がある方がトルクフルだわ。



そんなこんなで当日お互いのバイク変えて走る。フジキンのは500+CR38マフラーはORIGINAL仕様。
正直CRがこんなにイイ!とは思わなかったよ!(セットが決ってるからなんだけれどね)アイドルが又良い
安定してる。下は~なんて言ってたけど全然。開け方だよね。ENGINEとシンクロする開け方が出来ると、
いい所が俄然詰まった感じだった。一言でいえばスムーズ。ストリートでもこの恩恵に預かる場所多いよ。
各アクセル開度でのスタンバイ→レスポンスが良いからPバンドに保つ事に集中できる。んーなんてかな
へリコプターで言うならホバーリングから動き出す瞬間ってーのかな?その連続がスムーズって言うかね
一定の開度で一定の回転数を保つ事って意外とレベル高いんじゃないかな。スムーズボアならではだな。
(FCRだと、ポンプの影響で回転が一定になるまでラグがある感じなんだけど。別部品で解消したけれど)


CRキャブの底力とフジキンセッティングは魅力だったな。別の車体でCR仕様作りたい!と思った程感動。



今回はポジションやブレーキじゃ無く、ホキョー。カッチリ感が何処に出るか?を知りたかったわけだけど、
自分の車体と違う場合、(何処もかしこも!)変化が多すぎて中々掴み辛いよ。大きく異なるホイルの外径
前後17インチだと、それを差し引いて感じるってむずいな。低速コーナーでは160幅のリアタイアのお陰で
抜群の安定感が印象的。飛ばす時は三又のオフセが効いてる。(ラインが選べる位ハンドリングが楽チン)
この感じは、インチダウンしたモタードみたいな感じに似てる。各サスペはオーナーの好みだから言わない。
只、自分の車体のカッチリ感とはヤハリ違う感じは大いに理解出来たよ。これで前後18インチマグの時の
味を試したいと思ったね。一番の違いは切り返し。前と後がズレてこないってか、タイムラグが感じない所。
只、ボルトON加工で外した状態と選べる仕様だと良いかな。(セットするときにRIDERに合わせる為だよ)
好みって人其々だし、場所によっては無い方が良かったりする?のではと、考えたから。サスペと似てね。

b0029052_23432434.jpg


此方がいい仕事してるCR.ヤッパかっこ良い。憧れ”のキャブだね。CR36を以前400に付けてたなぁ。




b0029052_23434886.jpg


リア周りはTZΦ210にビレットパーツの展開。いい仕事するよね。黒アルマイトの凄みが効いてて玄人。
レースやってただけあって各部の処理もさり気無く。外す→組むを繰り返す事が日常茶飯事。無駄無し。




b0029052_23441322.jpg


小さく張られたフジキンの看板は、だから逆に”渋い。このマーク張ってる奴らは玄人好みが、多数だな。
人間が良いから人にあいされてるよ。(オレとは逆だよな笑)良い仕事するから皆に慕われて。見習う所。



b0029052_23443632.jpg


b0029052_23451818.jpg



いい車両を見分けるには先ず、バイクを起こし、少し押し歩くといい。そして、クラッチとFブレーキを動かす。
もうそこで分る。SAMSON‘の車両は軽い!そこをずっと意識して組んできたから一番に気を使う所だな!
フジキンのは押さなくても立ち姿で分ってたけれど。(そういう何気ないヶ所にビルダーのセンスが出るもの)
跨って前後のサスに静かに体重を掛ければ、大体。(小さな入力に対しての前後の反応は、組み方と特性)

今回は良い勉強になったし、シゲキにも。又今度走りましょう!(今度は同じ場所に一種に走りましょう!)笑
by samsonblue | 2010-12-09 23:54 | バイク


<< 694. FUJIKIN&q... 692. IGA SR - 3 >>