666. Maeda SIMPSON 3

b0029052_12514214.jpg


b0029052_12524517.jpg


大きく塗り分けた後は、各パートごとの段差を消す。研ぎ過ぎると面倒だから一番気を使う。

しばらく眺めていると、補色やスパイスになるアイデアが見える。各パートにバランスで配置。
砥ぎ後の塗料は息をするから、必ず時間を空けてトッピング。マスキングの糊が溶けると×。

料理の盛り付けに似て、楽しみながら。そして慎重にオカズ(ロゴやグラフィック)を乗せて行く。 
乗せすぎるとクドイし、無くても物足りないから難しいがキマった瞬間はニヤリ。ビールが美味い。

この状態からどう変わるか一番の見せ場。マエダはPC画面に張り付いて居るが、大丈夫。 必ずキメル 若
by samsonblue | 2010-03-06 12:51 | ヘルメット


<< 667. BSRX 665. Maeda tom... >>